飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 ちび猫たち
2018年05月14日 (月) | 編集 |
里親会ご苦労様でした。
仔猫の里親さんが決まりました。
IMG_0568arisa.jpg
「もしも~し」
IMG_0584arisa.jpg
「そうにゃの?私決まったの?」
「あなたじゃないの」
「じゃあ誰が決まったの?」
あなたのお姉さんたちが決まりました。 ↓
IMG_0564kurosavi.jpg
「おんなじような顔なのにどうしてわたしじゃないの~?」
「。。。」
「次回もがんばろうね~」
IMG_0588arisa.jpg
「あいよ」
あゆちゃん
一足先にトライアルに行ったあゆちゃん(左)の同腹(右)そのこちゃんもトライアル決まりました。
ずっと震えてたナッツ。里親会、苦手です~。
IMG_0566nuts.jpg
袋に顔突っ込んで隠れてるミー太郎。
写真も撮れない。。
IMG_0572mita.jpg
いつも写真写りのよいらんちゃん。次回もガンバローね
IMG_0559ran.jpg

次回の里親会は5/27(日)です。
詳細また、ブログとHPでお知らせします。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村

 次回の里親会 5/12(土)
2018年05月09日 (水) | 編集 |
2018_5.jpg

そろそろ仔猫が出てきています。
可愛いサビ猫の仔猫も参加する予定です。
koneko_iwata.jpg
写真からだと大きさがわかりませんが、生後1ヶ月ほどみたいです。
みんなどんな性格かなぁ。可愛い盛りに里親さんが決まると良いです。

参加猫の詳細は、踊るココちゃん
で見てください。


昔の里親さんから譲渡した猫(チャーリー)の写真を頂きました。
里親さんの転勤で、転勤先のアメリカまで連れて行ってもらった猫です。
実はこの町、私も行った事があります。懐かしいなぁ。。隣町に住んでました。
risu22.jpg
あっちは、自然の中に家があるから、日本で感じるストレスは無かったです。
「ニャニャ、なんだこれ?」
シマリス可愛い。ハミングバードもいました。
rr.jpg
青い鳥も来てたでしょうねぇ。。
大事に飼ってもらいました。うれしいです。
保護してよかった。
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村

 里親会
2018年04月29日 (日) | 編集 |
成猫のひだか女子、トライアルが決定したようです。
hidaka2.jpg
「びびり猫がいい」という里親さんからの希望を聞き、
「えっ、本当に??」
「うちにもいるんですけど。。」
「ずっと押入れにこもりっきりの白ちゃん。。(^-^)/」
ひだかの元親Kさん、前日の夜、急に仕事になり、不参加でした。
夜勤明けなのに、電話で起こされ、ひだかをつれて遅めの参上。。。
ねむねむです。
「お疲れ様です。。」
トライアルどうなるんだろう。
ビビリ猫なので、そのご要望だけは、100%満たすとは思うんですけど。。
子供になつかないので返品します。。もあったよね。

4匹の仔猫たちも参加しました。
ちびたち
「いきなり、ニャに?」 な感じ。5月上旬の譲渡会にも参加する予定です。
「愛護センターに行きましたが、猫がいませんでした」と、この日、来場された里親さんから聞かされました。
愛護センター、猫を殺処分する機械、もうすぐなくすそうです。
すごい進歩です。
これまで、こういう活動に携わっていた人たちの努力の結果だと思います。
みんなでつないだリレー活動です。
昔は今よりもっと大変な活動だったと想像できます。
悲しい犬猫の歴史が再び巡ってこないように、法律の縛りをもっと厳しくするべきです。
ショップとブリーダーについて言ってます。
歯車がまわりだすと、早いのかもしれないです。

さて、あゆちゃんも、トライアル決定しました。左側の女子。
生まれたときからエイズキャリアだそうです。が、それがどうした。(^∇^)
あゆちゃん

こんどは、決めたい大人猫たちは、
みけこ
美猫の三毛ちゃん、久々参加。美貌健在。
性格もとても良い子です。
らんちゃん
外で、長いこと頑張ってきたランちゃん。 
今日もランちゃん親子のサポーターお兄さん、応援に来てくれていました。
仔猫は正式譲渡しています。
ちゃんもんちゃん
一匹飼い向けの女子。猫には、威張るちゃんもんちゃん。

これから仔猫たち出てきます。
早生まれは、決まり易いので、サクサク決めてゆきたいです。


2018_5.jpg
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村




 里親会 4/28(土) @徳重
2018年04月27日 (金) | 編集 |
明日から長期連休の方も多いと思います。

4/28(土) 久々の里親会を開催します。
落ち着いた年頃の猫たちがメインで参加します。
参加猫の詳細はこちらで見てください。
お待ちしています。
2018_4s.jpg

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村





 2017年度に譲渡した猫たち
2018年04月21日 (土) | 編集 |
ようやく、2017年の4月から2018年の3月末まで
に譲渡した猫達の集計が終わりました。
抜けもあると思います。
ここにのってるみんなが、あたらしい家族のメンバーとして、飼い主さんたちの、大きな癒しになっているといいなぁと思っています。
2017年度譲渡した猫たち
うちのこが載ってない! 場合は、、ご連絡ください。


今日は、昔の猫の話を少し。。
8年前、仲間から相談を受けて譲渡した白黒猫がいました。
チャーリーと言う名前をつけてもらいました。
チャーリーは、とても人懐こく、その頃、TNRをしゃかりきにやっていた
現場からそう遠くない場所にいました。
一人暮らしのおじいさんの庭がテリトリーでした。
その庭は、猫の繁殖場みたいになってるところでした。
おじいさん、手術は無関心。
大きい猫たちは、ほぼ全部手術して、まだ中猫だったチャーリーとチャーリーの妹猫がいたので、
譲渡したいので持って言って良いですか?と聞くと、
「はい、どーぞ」(*’U`*)と、そっけなく言われ、
2匹を保護しました。
チャーリーは、それからIさんご夫婦に貰われてゆきました。
まもなく、だんなさんがアメリカへ赴任となり、一家は、猫も一緒にアメリカへ。
赴任期間がそろそろ終わり、帰国する少し前に、現地の獣医さんから
念のため血液検査しましょう。とすすめられたそうです。
このとき、初めて、白血病だったことがわかったそうです。

その当時、必要があるので検査しましょうと言われれば、血液検査をしていましたが、
すべての猫達の検査をする余裕もなく、検査しない猫もいました。
チャーリー2011
(保護した当時 チャーリー 2011年)
最近、Iさんから、別件で連絡を頂き、8年ぶりにお会いしこのことを知りました。
私が、大変な思いをさせて申し訳ありませんでした。と言うと、
奥さんは、
「とんでもない、お世話させてもらえてよかったです」
と言ってくれました。
その当時も今も3匹の猫を飼っていらっしゃいますが、白血病はどの猫にも移っていなかったそうです。
そして、別の一匹の猫が、エイズだったということもわかったそうです。
でもエイズも、他のどの猫にも移ってなかったそうです。

猫たち、わかってたのかも知れません。
自分をこれだけ可愛がってくれる飼い主に迷惑かけちゃいけないって。
白黒猫は、亡くなるときも、ふっくらした体のまま、Iさんの腕の中で亡くなったそうです。

ご主人と、月一回、州立大学の病院まで輸血の為に通ってくれたそうです。

チャーリーは、幸せだったと思います。
心底可愛がってくれる人の愛情を知って天国に行けたからです。
保護時、体重がとても軽く、
風邪で目が酷かった。
捕まえたときのこと、今も覚えています。

チャーリーのような猫たち、なぜか、Iさんのような人たちのところに行くみたいです。。
チャーリーと一緒に保護した妹猫がいました。ブラーのかかった可愛い三毛猫でした。
どうしているかとても気になります。
里親さんと連絡がとりたいです。


2018_4s.jpg

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村