fc2ブログ
人間社会で翻弄する動物の視点から色々綴っています。
 脱走
2021年11月28日 (日) | 編集 |
地域猫として4年ほど外で暮らした「シロちゃん」 
シロちゃんと共に数年面倒をみていた現場の猫たちも徐々に減り、最後に残ったシロちゃんだけを家に持ち帰りました。
それが今から8年前のことです。
9年も一緒に暮らすのに、シロちゃんは家の中でも人間を避け、いつも眉間にしわを寄せて不機嫌そうにしていました。
ただし、魚を食べてるときは、母の前にノコノコ出てきて前にお座りする。という感じです。
それ以外のときは、
人がいなくなると、ベッドの下からコソコソ出てきて、猫のトイレに行ったり、爪とぎをしたり、水を飲んだり。。。
こっちもかなり気を使って生活していたのに。。
そのシロちゃんが、先週、ベランダから脱走をしました。
「そんなにうちが嫌だったんだ。。」 
おそらく13歳か14歳になっていて、このところ急速に腎臓の数値が悪くなっていました。(半年前までは正常値だったんです)
夜はぐんと冷えるので、早く捕まえないといけないと思いつつ、
3階のベランダから鳩よけの網をつたって出て行ったシロを思うと、がっかり落ち込んでいたわけです。
妹からも、「そんなに家が嫌だったんだ。。辛いよね。」と言われ、慰めなのか、何なのか。。。と。。

出て行って2日目の夜、いつもの様に名前を呼びながら探しましたが見つからず、家に戻って暫くすると
外から聞いたことのない、悲し気な猫の鳴き声が聞こえました。
もしやと思い、出てみるとなんと、よれよれになって歩いているシロちゃんを発見。
「シロちゃん」と呼ぶと、私の顔を覗き込むように見て、側溝の中に入ってしまいました。
夜中の2時過ぎまで出てくるのを待ちましたが、動く様子が一向になく、仕方なく、
消防士の方に助けてもらえないか電話しました。(こんなことは初めてですが、猫がかなり弱っている様子だったので申し訳なかったですが聞いてみました)
来てくれました。本当に助かりました。
側溝の上の石をどけてくださり、そのおかげでシロを捕まえることができました。
シロちゃんをつまかえた時、両腕をかなり噛まれ(パニック状態だったため)、2週間ほど病院に通いましたが、私の腕もようやく
タイピングができるほど治りました。。。放せば逃げることはわかっていたので、噛まれたままの状態でシロを車に入れました。
車に入れても手から歯が抜けず、今思い出してもゾッとします。。消防士さんは私の手をかなり心配の様子でした。。
(ああいうときは、猫の頭を布で覆うといいですね。そうしたら多分もう少し落ち着いたと思います)
家に連れ帰ると、外でのマックスに緊張したシロちゃんの顔が0.1秒で穏やかな顔に変わるのを見ました。
「そんなら出て行かなきゃいいのに。。。」

その後のシロちゃんは虫の息で、毎朝、息をしているか確認するのが怖かったですが、
毎日点滴をしつつ様子見です。脱走したとき、前足を骨折しており、
可哀想に、泣きっ面にハチ状態。
魚が好きな猫なので、無理に嫌いな餌を強要するのはもうやめて、魚あげてます。

私は、両腕が使えず、自宅で猫に点滴を打つのも難しく、2日ほど友人に助けてもらいました。
とんだことで、皆さんにご迷惑をおかけしました。すみませんでした。

皆さんも脱走にはくれぐれもご注意ください。
ペコリ
sirochan2021_11.jpg
帰ってきてくれてありがとうね。病院で撒いてもらったシロの包帯。私のより粋ですね。







 コロナワクチン 
2021年10月25日 (月) | 編集 |
2回目のワクチン接種ようやく終えました。
接種した日は腕が痛かっただけなのに。。

翌日の午後から熱が出てダウン。。。体温計で測ってみると「40度!!」
そんなばかな。
身内もびっくり。
測りなおすと38度。 フ~ッ。納得 (-_-;)  体温計が壊れたみたい。。

「熱が出るのは若い証拠だから、出ない人は落ち込むみたいですよ」
ワクチンなんとなく敬遠していた私に、ある日上司がこう囁いた。
「僕は流行りものが好きなのですぐ打ちます」
無邪気に答えるのは同僚。
同じグループの人でコロナにかかった人がいて、5か月経った今もまだ味覚が戻らずある日
「タバスコ飲めます」と聞かされると、ん~。
打った方がよさげと判断。

具合が悪いとき、友達がくれたひじきご飯と総菜のありがたさが身に染みる。

寝てる間、
雌猫のここちゃんは、「ママ、気分悪いの?」
みたいな雰囲気で、ずっと心配そうに(実のところはよくわかりませんが)そばに寄り添って
寝てくれてるのに。。
koko2021_10.jpg
7.2kgにもなったはっちゃんは吠えまくり。「にゃ~ン、ニャオ~オ~オ~ン」
退屈だから遊んでほしいんだよね~。でも今日は無理だから無視。
当分マスク生活続きますが、お体ご自愛ください。

 昭和区の地域猫たち
2021年09月28日 (火) | 編集 |
現在、ご寄付を募っていませんが、
昭和区のT・Kさまからいただいたご寄付は、
鶴舞 吹上、村雲、御器所学区の猫たちのTNR費用に使わせていただきました。
これまでと異なり、手術に1匹(メス) 4000円の費用がいるため、その費用に充当させていただきました。
ここでご報告させていただきます。
いつもお気遣いいただきまして、ありがとうございます。

最近は、見知らぬ土地でもよく耳カットをした猫を見かけるようになりました。
昨年は、用事で立ち寄った富山県の小さな町でも、耳カットの猫を見かけました。
一昨年は、山口県の港町でも耳カットの猫を見かけました。
この時はさすがに、びっくりしました。
NPO法人、ねこだすけさんやさまざまな人たちの苦労が報われた。。と、しみじみ感じました。
私たちの時代よりもっと苦労した時代がありました。

東京から始まった地域猫活動。

最近では、守山区や、御器所八幡の周辺でも耳カットの猫を見かけました。

この活動はそこに住む人たちが立ち上がってくれないと、継続できない活動ですが、そんな人たちが
増えてきていて、その声を聞いて後押しする行政も増えてきています。

耳カットの猫を見るたび、「あーよかった、気にかけてくれる人がいる」と
安堵します。地域猫は社会の優しさを測るバロメーターの役割を担っている気がします。
7.2kg八
ネコは腰痛がなくて、羨ましい。。

 満月と祥ちゃん
2021年09月22日 (水) | 編集 |
食べることだけが楽しみだった、黒猫の祥ちゃん。
満月の晩に天国に旅経ちました。

5年前に、骨と皮だけの状態で保護した祥ちゃん。
保護したてのころ
2015年 保護したての頃のガリガリだった祥ちゃん
このころ、獣医さんからは、AIDSが発症しているようなのでここ数日で亡くなるとも言われていました。
ところが、それから徐々に体重も増え、5年間生きました。AIDSは発症していなかったんです。
そして、死ぬときも発症していなかったと思います。
元気になってから抱っこもできなければ、触らせてくれることもなかった。だから目ヤニも拭けない。
でも猫たちとは折り合いをうまくつける猫でした。

触れない猫の健康管理はとても難しいです。側によると逃げる。トイレにいるときは、わざと見ないふりで通過する。
腎臓がそれほど悪くなっていたことに、気が付いてやれませんでした。
外ネコの年齢はわからないので、彼女が7歳だったのか、12歳だったのか今もわかりません。

気分が少しでもよくなるようにと、10日間、家で点滴をしましたが、食べなくなって4日目、針も刺さらないほどやせ細る体を見て、点滴を続けるべきかどうかすごく迷いました。
亡くなる日、口から血を吐きだすのを見て、
胸が締め付けられました。いつか、私自身の最期に、これほど頑張れるとは思えないのです。
先生に安楽死の相談までした日の夜、ようやく苦しみから解放されました。
最後まで、腎臓が機能しなくなった体で一生懸命息をしていた祥ちゃん。
猫たちを看取るときもいつも感じることは、
最後まで必死に自分の命と向き合ってる生き物の生きることに対する姿勢です。
そんな生き物を人の勝手な都合で殺処分というのは、絶対しちゃいけないことだと思うんです。
それは猫以外の動物に対してでも。外来種も同じです。
虫の息でも生きようとしている動物に対して、そんなことがまかり通っている社会は歪み切ってると感じます。

祥ちゃんの、母ネコのその母ネコのその母ネコの、ずーっと元をたどれば、きっと平安時代か桃山時代か、そんなころに
人の都合で(絹や米や経典なんかをネズミから守るため)、どこかの国から連れてこられた猫の子孫が祥ちゃん。その猫たちが子供を産まないようにしないと、
今の社会では餌をもらうことも認めてもらえない。
コンクリートだらけの町で猫を介して人がもめるから。
一方では、出産させて値札をつけ、売買をする。

祥ちゃんを家に連れ帰って、好きなものを食べさせ、冬は暖かくて夏は涼しい寝床をあげるくらいしか
できなかったけど、これから死ぬまで、中秋の満月には、祥ちゃんのことを思い出す。
最期にようやく抱っこもできて、目ヤニも拭けた。
祥ちゃんとの縁を忘れない。
syouchan 2021_8






 畑に猫
2021年07月13日 (火) | 編集 |
コロナで自粛が続き、気分転換と一人暮らしの親がボケないように、通勤途中にある畑をレンタルし、
野菜作りを始めたのですが、、これが、予想以上に大変。

テントウムシが見たいから、農薬は使わず、いろんなものを植えてみましたが、なんのことはない。
「あれもこれも食べたいね」と種を植えた直後に家族や友人と話していましたが、捕らぬ狸の皮算用とはこのこと。
蓋を開けてみると、畑には野菜の芯しかない。 小松菜も赤かぶも、ない。
同僚に言うと、
「虫は腹いっぱいになったわけですね」(笑)

そして、こんな人里離れたところにも、いるんですね。猫。
息抜きのはずだったけど、そうはならない。

真っ暗な空から、モンスーンみたいな大雨が降った日の夕方、蚊取り線香を持って畑に寄ってみると、
私の畑のすぐ前の畑の脇に、猫がぐったり倒れていたのに気づき、恐々近づいてみると。
可哀そうに、誰かが車で轢いたんでしょう。
アメショー模様のしっぽの長い雄猫。
全身雨でぐっしょり濡れ目を開けたまま亡くなっていました。
かわいそうに。。。申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

空腹じゃなかっただろうか? 
交通事故で亡くなっている動物を見るといつもそう思う。

こんな畑の中に通る小さな道で、轢かれるなんて、相当乱暴な運転をする人に違いない。
逃げられるところはこんなにあるのに。
この日、冷たくなっている猫を横に、改めて、車の社会的責任の大きさを考えました。
この猫は、轢かれて死にました。

車はこうやって直接的に人も動物も殺しますが、間接的にも人や動物を殺します。
畑を借りている場所の周辺には、ショッピングモールやドラッグストアがどんどん建ち、建売住宅が立ち並んでいます。
駅は近くにありません。
車でやってくるお客さんを狙って山を壊すわけです。50年かかってようやく育った樹木が、ブルドーザーであっさり
倒されて死んでゆく。店舗、駐車場と、コンクリートで覆われれば気温も上がるし、土もなくなる。

山で暮らしていた動物も、餌をとる鳥も、ヒバリやツバメやカラスも、生きてゆけない。
住む場所を奪われ、田舎の畑に育った作物を狙うと、害獣の烙印を押され捕獲されて殺される。
空気を冷やす木が少なくなれば、熱中症で人も死ぬ。
こんなことが、世界規模で起きてる。

車のない生活に後戻りはできないと思うけど、この猫のように乱暴な運転によって奪われる命と、間接的な影響で奪われる命と、
両面を考えて対策を打たないと住みやすい社会は一層遠のいてゆく気がします。